スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太宰治 「走れメロス」 
 簡潔に述べるとするなら、真実=(信用)は目に見えないものだが確かに存在する(妄想ではない)ということだ。
 
 この本の内容を自分なりにまとめた後に、書評を調べてた。やはり、ほぼ同内容であったが、確認できなかった内容に関して以下述べることにする。
 
 まず、このメロスは親友を国王に身代わりとして引き渡したことである。これは心には善と悪が常に存在していると太宰治は述べたいのではないだろうかと考えさせられた。「走れメロス」でいえば、善は真実であり、悪は裏切りである。本文で記述されていたように、メロスの衣服がぼろぼろになり、ほぼ裸になる比喩の中で人の心の真実を太宰は描いていたと信じている。途中でメロスは肉体的、精神的苦痛から親友を裏切りそうになるのだが、最初から裏切る可能性を視野に入れていたのではないだろうか。人間の狡猾さを描いているとまでは言わないが、あまつさえ、メロスが親友を勝手に身代わりとしたのに、身代わりとして殺せとまで最初にいった内容を記述するところから推測できるだろう。常に人間の中には悪も潜んでいると考えさせられた内容であった。
 次に、変わった視点だが、王が人間不信である設定に現社会の人と付き合っていく中で信用を勝ち取ることの難しさを感じた。(それはないよと叱咤されそうだが・・)昔と違い、隣人の名前や素顔すら知らないことが当たり前になりつつある世の中で信頼を得ることが難しい時代となっている。嘘や裏切りが蔓延る社会で人を信頼するということがかなり難しい。そして、なにより自分を信頼して頂くことも非常に難しいのである。人の眼が肥えた中では、少しのマイナスでも命取りとなってしまう。考えすぎであると水を差されそうだが、そうしていかなければ生きていけない現状がある。この視点をもって走れメロスを再読してみれば面白いのではないだろうか。

 一度、受験期に簡単に読んだことがあるが、丁寧に読むと楽しめた方ではある。しかし、満足できる程の感動は得られなかった。信用は難しい。家族にも裏切られることが耳に入るこの世の中では、運なのか確率なのだろうか。

 最後に、流し読みした記事の中で少女が緋のマントをメロスに捧げた内容について、蛇に足がついている内容とした記述がちらほら見受けられた。太宰治を知り、太宰先生ならと考えるべきだ。しかし、人は時にいつもと違うことをしてみたいと思うときがある。だから、私見としては無垢な少女が勇者に捧げる緋のマントを捧げることにより、人間の悪の部分を覆い隠したかったのだろうかと考えている。太宰治らしい本ではないのでこのような考え方も有りなのでは?!
スポンサーサイト
共感への不信
 人間の大半が活動し始める少し前に目覚めてしまった。手持ち無沙汰で、ネットの海に身を委ねていたのだが、何をするということもなく、無駄な時間を過ごしていた。そして、ふと目に入ったのが太宰治の人間失格である。幼い頃から本を読むことは人生を豊かにするといわれ、読み進むようにと苦言を提されていたのだが、私にとってたばこの煙であった。幼い頃から私は興味をそそられたものにしか反応を示さない性格を備えている。そして、それに対しては常に専門で、人の上に存在していたいという願望を持つものであったのだが、どうも周りの人間から命令されるとやる気が霧散してしまうのである。これを理由にして勉学をしなかったということを否定するつもりはない。本を読むという行為をしてこなかった私が、久しく自ずから興味を感じ、ものの4時間程度で読み終えたことに驚きを感じている。そして読み終えた後、余韻に浸るでもなくなぜか高校の尊敬する国語の先生の教示を思い出していた。先生はよく、「本を読み解く際にはエロスを感じよ」と説いていた。彼によるとエロスとは共感のことであり、共感がないと、内容を真に理解できずに終わる愚者の道を辿るであろうと教わった。高校の頃は、先生の言葉を無邪気に、完全に信用していたが、今となっては違っているようである。人間失格の葉ちゃんと全くといっても差し支え無い程に似ていると感じてしまったのだ。だからこそ短時間で読み終えてしまったのだろう。短時間ではない、内容を正確に理解しているのかという批判が聞こえそうだが、今はそれに重点をおく必要が無い。そもそも葉ちゃんとはどういった人物か簡単にいうと、与太者であり、現在の流行で表すと社会不適合者といった形容があてはまる。これは彼が善悪で言う悪に分類するという批判じみたことをするものではなく、今の世間的に当てはまる言い回しをしているだけである。(此の世の中は当時の世の中と比べて定義しやすく、想像も易いものであるから後者の表現と捉えたほうがよい。)彼でいう酒は私のスロット、ゲームに逃避することであり、女は女(幸か不幸か彼ほど酷くは無いのだが)、金も同じような境遇である。私自身も世間から浮いた存在と思っており、人間というものを理解できずにいる。コミュニケーションに障害が在るという低俗な話題は省くが、物心ついた時から生じていた違和感はまさに道化であったと確信した。よく友達の話で笑いを生じる話をしてはいるが、心底から笑みをこぼせたのは指で数えられるものしかないであろう。愛想よくし、道化を演じていることにすぎない。大学に入り、この道化が自然に出るようになっており、自分でも忘れるほど自然にでていた。しかし、今日、私は太宰治によって現実へと落とされたのである。今まで否応なく読んだことのあるもののかからここまでエロスを感じたのは初めてだった。それは満足を含むものであり、またどぶ川に叩き落されさらに踏みつけられたものであった。これほどの絶望はないだろう。今まで感じた絶望より心の芯に傷を残すものである。これほど共感を恨めしく感じたこともない。私とかいて人間失格であると読まれているような心地だ。エロスを感じることは良いことであると思っていたので最初は戸惑った。たしかに、時を忘却し読み進めている間は意気揚々としていただろう。今の私は完全に浮いている。今までマイナスへの共感は勿論存在したのだが、人間失格へそれは全くの別の物である。葉ちゃんと同じ結末になることを予想すると震撼して止まない。
 余談だが、人間は全員道化を演じているのではないだろうか。
感動した
もうないんだろうなって思うと寂しい。
GLで66できて楽しさ教えてもらってほんと感謝しきれない。
dandan3・・MGEでショットガンディフェンスしてきてほくそ笑むから大嫌い。勝ちたかったなー
gappo3・・チームが活気付くし存在がでかい。でも情弱だったらしい
hikoku3・・怒るという言葉が全く似合わない。というか聖人だとおもう。当然上手い。というかかなり上手い。
hoshi3・・あんまりしゃべってなかったけど、すげえセンス。なにも言わずカバーし合えたからやりやすかった。
noanoa3・・ちょいちょいしけ笑いを取ろうとしてくる。でもやるときはやる人だった。
yoru3・・たまにいじって来るどS。知識と研究はやばかったな。隠し粘着isyoru
ほんとにありがとうございました。

新しく66始めた人はおそらくどう動いていいのかとか、何を話していいのかがわからないと思う。
自分も始めた時はそうでした。しなちくさんがなぜ今押そうとしてるのか、なぜ待ってるのかなぜここから攻めてるのかとかは自分で考えないといけないよ!VC内でヒントがあって、喋る方法とかも理解できるはず。

喋る方法の例を挙げると、ロームのスカウト、ソルなんてのは本体の位置がわからないよね。
だから本隊がどこにいるのか、なにをしようとしてるのかを常に<聞くこと!
んで、自分のしようとしていることを本隊に伝えてあげること。
こういったひとつひとつが大事だよ!
ヘッドセットで首と腰が痛い
最近ヘッドセットのせいで首と腰が痛いんですよ・・or2
イヤホン買おうか迷ってる。お勧めあったら教えてください。
↑頼むよ~

そうそう、hudね。
hudはPV→ブルーセル→ノアノアhudとknhudみたいな流れだったよ!
調べたり使った上で一番はやっぱりknhudですね。程よいシンプルさが自分にめっちゃ合ってた。
knhud更新がとまっちゃってて、いまはしょうちんぱん(SaN)から教えてくれたrayshudという物を使ってます。
でもknhudが一番です。mvmおわったしknに戻そうかと考えてるけどめんどい。

スカウトを上手に操るにはどうしたらいい?

しなちくさんかときさんに聞けって言いたい。
しなちくさんをlv100にしたら私はlv30くらいのスカウトです。
スカウトは弾を当てることが前提のクラスですから!マウス、モニター、nvidiaとかの設定して君もAIMマスターになろう!
死んじゃだめだよ(小声
記念すべき第一歩!!!なのかな・・・?
処女作って緊張しますね。小学校の発表みたいな心情だね。
これからなんか書いていくことにしよう。心が折れるまで:)

CFGくれよー。頼むよー。っていわれたので一応あげておく。
うpろだ
Copyright © 人事を尽くして天命を待つのである. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。